第270回:アイデアに投資を受けるには?

 

こんにちは~、ネオフライトの宮川壮輔です。

さて、前回、補助金の流れについて

お話ししました(^0^)

今回は、事業計画書のお話しです(^Д^)

前回お話ししたように、

現在は、やる気のある中小企業のみが

補助金の対象となります。

やる気の判断の一つが事業計画書ですね。

まあ、補助金に関係なく、

事業計画というのは、超重要です。

アイデアを出すのが好きな人や、

新しいもの作りの好きな人は、

総じて、事業計画が苦手ですね。

こんなことを

たまに聞かれます。


こんなモノ(アイデア)を考えたんですが、

誰か、投資してくれる人はいないですかね?

あえて言いましょう。

いません。

モノが良いから売れる訳では

ありませんよね。

もちろん、モノを良くすることは必要です。

でも、モノの善し悪しと、

事業の成功は、別問題です。

どんなにモノが良くたって、

新しいモノは、基本売れません。

モノが売れなくて、資金がショートすれば、

事業は終わりです。

投資家だって、そんなことは

よく分かってます。

ボランティアで資金を出すわけでは

ありませんよね。

あくまでも、ビジネスとして資金を提供して、

それ以上のリターンを得るために

投資するわけです。

ここで、投資する側に立って、

以下のAさんと、Bさんの

どちらに投資するか、

考えてみて下さい。

●Aさん

「こんなモノ(アイデア)を考えたんです。

スゴいモノなんです。

投資して下さい」

●Bさん

「こんなモノ(アイデア)を考えたんです。

スゴいモノなんです。

サンプルを作ってきましたのでご覧下さい。

このモノを、こんなビジネスモデルで、

こんな風に売っていきます。

売上や利益は、こんな風に推移します。

そのため、いくらの資金が必要です。

家族のために、この事業に我が生涯を賭けてます。

よろしければ、投資して頂けませんか?」

まあ、普通に考えれば、Bさんに投資しますよね。

もの作りの人は、目の前のモノから一旦離れて、

そのモノを含んだ全体を、

客観的に見る必要があります。

興奮して、モノだけに没頭していてはダメ。

モノを良くすることと同様に、

事業を良くすることを考えるべきですね。

そのためにも、事業計画というのは重要です。

そして、その事業計画を、第3者に分かるように

事業計画書として見える化しましょう。

ここらで、

「良いモノを作れば売れる」信奉から抜け出して、

「良いモノを事業として成功させる」ことを

考えるべきですね。

”事業計画”頭を鍛えましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●今回のネオフライト奥義●●

・「良いモノを作れば売れる」信奉から抜け出そう!

・良いモノを事業として成功させよう!

・”事業計画”頭を鍛えよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

それでは、また次回( ^o^)ノ

 

ネオフライト国際商標特許事務所
弁理士 宮川 壮輔

 

特許無料レポートお申し込みフォーム

業界初の”エンタメ系”実践特許術!
「特許専門の弁理士が、あなただけにコッソリ教える実践特許6つの秘訣!」PDF A4:53ページ


*
*
メールアドレス*
コメント