こんにちは~、ネオフライトの宮川壮輔です。

さて、前回、新製品開発に
ついてお話ししました(^0^)
今回も、新製品開発のお話し。

中小製造業が新製品開発をするとき、
どのタイミングで顧客ニーズから
ズレるかというと、以下の3つでしたね。

(1)開発前段階
(2)開発段階
(3)販売段階

今回は、(3)販売段階。
ここでは、一応、(1)開発前段階と
(2)開発段階で、顧客ニーズが
マッチしているものとしましょう。

それでも、販売段階で、
顧客ニーズからズレることは
ありますね(ToT)

販売段階でのズレというのは、
アピールポイントのズレという
ことですな(^_^)b

ある新製品について、
どういう顧客ニーズに対して
応えられるのか、
他社の製品とどう違うのか、
などを、販売時にしっかりと
明示する必要がありますよね。

このときに、顧客ニーズを含む
新製品のコンセプトが明確に
文字化されていないと、
販売時のアピールポイントが
ズレていきます(>_<)

そうすると、顧客ニーズが適切に
表現されなくなり、
狙った顧客に刺さらなくなりますね。

ここでも、顧客ニーズからズレない
ようにするために、新製品のコンセプト
を文字化しておくことが
重要になりますねφ(.. )

そして、このコンセプトを現すように、
販促ツールで表現しましょう。

新製品のパンフレット、ホームページ
やDMなど、しっかりとコンセプトが
ブレずに表現されていますでしょうか?
ここでブレたらもったいないですよね。

また、アナログ営業する場合も、
新製品のパンフレットや、
営業マン用の営業トークなど、
しっかりとコンセプトが
ブレずに表現されていますでしょうか?
営業マンに対しては、
事前にロールプレイングなどで
教育しておいた方が良いですね。

さて、前々回から見てきたように、
顧客ニーズを取り入れて
新製品に反映させるには、
「開発前~開発時~販売時」
にかけて、
顧客ニーズが一貫していることを
確認・調整しながら進める必要
があります(^O^)

開発前~販売時にかけてのフローを、
チェックポイントやチェックフォーマット
などを含めて事前に設計したい
ところですな(^o^)

続きは、また今度。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●今回のネオフライト奥義●●

・アピールポイントがズレていないか!
・販促ツールや営業トークにもズレがないか!
・顧客ニーズの一貫性を実現できるフローを事前に設計せよ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ネオフライト国際商標特許事務所
弁理士 宮川 壮輔