こんにちは~、ネオフライトの宮川そうすけ です。

さて、前回、お任せについて

お話ししました(^0^)

今回は、方針のお話し。

方針というのは、

会社の具体的な方向性や戦略のことですな(^□^)

ただ、戦略っていうと、

なんかスゴそうな雰囲気になっちゃうので、

ここでは、方針というライトな言葉を

使おうと思います(^0^)

あまり上手くいっていない会社は、

方針が見えてませんね(*_*)

これは、上手くいってない会社の

ほぼ全てに当てはまるような気がします(>_<)

一方、上手くいってる会社は、 方針が見えている会社の割合が多いですo(^-^)

すべての上手くいっている会社がそうとは限りませんが。

上手くいってない会社は、 方針が見えないので、

これから我が社がどうやって ビジネスをやっていくかが見えてませんね(=_=)

そうすると、当然、 スタッフも会社の未来が見えません(=_=)

なので、スタッフは、総じて不安になっています。

これからの経営は、 方針を見える化して魅せる化することは、

超重要だと思います!(^^)!

今までは、頑張ればなんとかなった時代。

日本の経済規模の増大に合わせて、 会社数も供給量も多くなりました(゜ω゜)

これからは、日本の経済規模が ほぼ縮小していきますので、

今まで存在していた会社の何割かは、 供給過多となり、

お役目御免ということになります(ノД`)

実際、供給の増えすぎた業界では、 個々の会社の淘汰が急激に進んでますね(°0°)

これからは、頑張るだけでは何とかなりません。

上手くいってない会社だって、 社長もスタッフも、みんな頑張ってます。

本当に頑張ってますよ(*_*)

でも、パイが縮小していく中で、 どうしていいか分からない、

という状況になってますね(>o<)

これからは、会社の方針が必要ですo(^-^)

もっと言うと、環境の変化に対応して

継続していけるような方針と、

方針の随時の見直しが必要ですね。

でないと、今までの延長でがんばっても、

お役目御免のブラックホールには抗えません(T^T)

ただ、方針を考えるというのは、

結構エネルギーが必要です。

情報を収集し、先を見越して

論理的に考えないといけないですからね(-_-)゜zzz…

社長には、こうい長期的な思考が得意な人と不得意な人がいます。

良い悪いの問題ではないです。

どちらかというと、現場で人一倍成果を出せる人は、

長期的な思考が不得意な人が多いように思います^^;

一般的に、社長には、そういう人が多いですよね。

でも、長期的な思考は、これからは重要になってきます。

もし、社長自身が長期的な思考が苦手なら、

以下の2つに一つを取るということになりますね。

 

・他人に考えて貰う

・自分で思考能力を鍛える

 

長期的な思考が得意な人が社内にいるのなら、

そういう経営戦略的なことは、

任せてしまうのもアリですね(^O^)

本田宗一郎さんと、藤沢武雄さんの関係です。

現場でのモノ作りの大好きな本田さんと、

名参謀として経営を担っていた藤沢さんですな。

そして、社内にそういう人がいないのなら、

社外のコンサルタントに考えてもらうのもアリです(^_^)v

一方、良さげな他人がいない場合、

自分で考えるということになりますね。

まあ、中小企業の場合、

いない方が多いと思います。

なので、自分で考えることになりますね(@_@)

自分で思考能力を鍛えるのは、

ちょっと大変です。

でも、やるしかありません(`へ´)

でないと、ブラックホールの引力に引きずり込まれます。

いずれにしても、長期的な思考の末の

会社の方針をいち早く見える化・魅せる化することが重要ですな。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●今回のネオフライト奥義●●

・上手くいってない会社に必要なのは方針だ!

・思考が不得意なら、他人に思考して貰おう!

・他人がいないなら、自分でやるしかない!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

実は、上手くいってる会社でも、

方針が見える化していない会社はあります(*_*)

それでも、売上が上がっているので、

現時点では、雰囲気は明るめです(^o^)

でも、その状態がいつまでも続くとは限りませんよね。

なので、どんな会社でも、

先を見通して方針を見える化するのは、

とても重要なんですね。

それでは、また次回( ^o^)ノ

 

ネオフライト国際商標特許事務所
弁理士 宮川そうすけ